年を取ることをエイジングといいますが、加齢を遅らせる事で老化を防いで若返りを促すことをアンチエイジングと言います。

 

一般的にアンチエイジングとはシミやしわやたるみを消す美容的な若返りの意味でつかわれるようですが本来は糖尿病や高血圧などの生活習慣病を予防するという意味が含まれている様です。

年齢を重ねるとどうしてシミやしわができてしまうかと言うと活性酸素が体を錆びさせてしまうようなのです。誰でもいつまでもイキイキお若々しくいたいと思います。

そこで次の3つの対策が必要と言われています。まず、過剰な活性酸素から身を守る事です。

 

そして、体内の毒素を出すことです。最後に不足しがちなホルモンを補うことです。

 

そこで、過剰な活性酸素を無害化してくれる抗酸化力を強化するには食べ物から日々摂取することが一番だと言われます。抗酸化力を高める食材を積極的に食べるようにします。

 

たとえば、玉葱やトマトやほうれん草や大豆や黒豆やキノコ類や柑橘系やスイカやバナナやブドウやノリやヒジキや黒ゴマやブルーベリーなどになります。

体内の毒素を上手く排出するのは日々便秘を解消してデトックスすることにつきます。

 

そして、私たちの体では70種類以上するホルモンが分泌されていますが、年齢を重ねると分泌量が減少してしまうためにバランスを崩して体調不良に繋がります。

 

更年期障害などはその例です。

 

エイジングに依る不足するホルモンは日々食事やサプリメントで補充するようにしたいです。

 

私は基本栄養素を配合しているモノを選ぶようにするといいと思います。毎日アンチエイジングを意識したいと思います。